« 2015年12月市議会報告できました。 | メイン | 瀬戸町地頭分溝渕遺跡の保存を要望 »

マイナンバー詐欺を防いで! 緊急申し入れ

Img_0748

1月19日、日本共産党市議団は、市長あてに「マイナンバー制度に係る緊急申し入れ」を行いました。

応対した市民課の市民局長に申し入れ書を手渡し、マイナンバーをめぐる被害を防ぐよう、対策を求めました。

【要望項目】

一.行政機関や第三者から、マイナンバーや家族構成など、個人情報を尋ねることは、絶対にないことを周知徹底すること

一.特に高齢者に対し、マイナンバーに係る不審な電話や訪問はいっさい拒否するよう、町内会などあらゆる機会を通じて呼びかけ、周知すること

一.国に対して、矛盾の多い当制度を廃止するよう、要望すること

要望書をダウンロード


今月から制度の運用が始まり、希望者に「個人番号カード」の交付が始まっていますが、制度に便乗した詐欺被害が全国で相次いています。

福山でもマイナンバー詐欺

そんな中、福山市内でも、「郵便局員」を名乗る男に通知カードなどをだまし取られるという事件が発生しました。同様の事件は、兵庫や岡山でも起こっています。

行政機関や第三者が個人情報や番号を聞くことはありません!

電話や訪問があっても、教えたりせず、市や警察などに相談してください。

個人番号カードの交付は任意です!

通知カードがあれば行政手続きなどもできるため、必要がなければ申請しなくても問題ありません。

議員の紹介
村井あけみプロフィール 高木たけしプロフィール 土屋とものりプロフィール 河村ひろ子プロフィール

村井あけみの奮戦記

土屋とものりのよもやまブログ

ひろ子ワールド

たけし通信