カテゴリ「市政・市議会報告」の記事 Feed

災害に強い福山市に(2018年9月議会報告)

 7月の豪雨災害を受け、福山市の防災対策に多くの課題が浮き彫りとなりました。

 豪雨、台風、地震…各地で自然災害が猛威をふるうなか、今回の災害を徹底検証して教訓を導き出し、万全の対策を講じる必要があります。

 以下の改善策を求めました。概要をお知らせします。

避難場所や経路、避難指示についての市民アンケート調査を行い、改善に生かすこと

避難所をバリアフリー化すること

障がい者など要配慮者の福祉避難所受け入れ体制を改善すること

全避難所に食料など一定の備蓄をするとともに、市民の非常持ち出し品購入の補助制度をつくること

排水機場や排水路の整備計画や河川の堆積物や樹木の定期的な撤去計画を策定すること

市として排水ポンプ車を保有し、浸水被害を防ぐこと

浸水を防ぐ「止水板」や、道路上への雨水の排水を抑制する「雨水貯留槽」を設置するための補助制度をつくること

砂防ダムにたまった土砂の定期的な撤去計画の策定を県に求めること

治山治水予算の増額を国・県に求めること

土砂災害特別警戒区域に建設された住宅の移転・災害対策工事への補助制度を警戒区域も対象とすること

周辺環境を含め、すべてのため池の状況を把握し、必要な対策をとり、ハザードマップを作ること

災害見舞金を増額し、床下浸水も支給対象とすること

国・県の補助対象外の床下浸水住宅を再建支援するための助成制度をつくること

民有地の山や墓苑墓地などの土砂崩れについて、国の事業を活用し、市として復旧工事を行うこと。事業の対象外の場合は、独自の支援制度をつくること

市内全域と府中市・神石高原町の可燃ごみを1か所で処理する「次期ごみ処理施設整備事業」を見直すこと。水道事業の広域化の方針を見直すこと

災害時の対応や日常的な防災体制の強化のため、市職員を増やし、正規雇用とすること

災害から市民の命とくらしを守る福山市政となるよう、引き続き取り組みます。

↓下記の要望は、改善されたものです。

し尿のくみ取り料金が全額免除になります

浸水地域の住民説明会が開催されます

被災業者の補助金制度、市内に申請窓口が設置されます

被災業者の補助金制度、市内に申請窓口が設置されます(2018年9月議会)

 被災した中小企業・小規模事業所のための支援制度「グループ補助金」について、「申請窓ロを県福山庁舎へ設置することが決まった」と答弁がありました。

 補助金を受けるための復興事業計画などの申請先は広島県ですが、当初は広島市内にしか受付窓口がなかったため、党市議団は第4次緊急要望書で、受付窓口を市内に設置するよう求めていました。

 事業者らの声を受けて、枝廣直幹市長が湯崎英彦県知事とのトップ会談で設置を要望したとのことで、すみやかな改善となりました。

↓広島県ホームページより

受付場所

○広島県商工労働局商工労働総務課東部産業支援担当

〒720-8511  福山市三吉町一丁目1-1(広島県福山庁舎第3庁舎内)

TEL:084-925-5315

受付時間:平日は,午前9時から午後5時まで。 土日,祝祭日は受付しておりません。

提出方法:原則として持参(初回の受付については,共同事業計画等の申請内容について確認しますので,持参してください。受付後の書類差替え等はメール又は郵送でも構いません。)

【グループ補助金について】

広島県のホームページ

福山市のホームページ

【小規模持続化補助金など、その他の支援制度について】

広島県のホームページ

福山市のホームページ

浸水地域の住民説明会が開催されます(2018年9月議会報告)

 2年前に続き大規模な浸水被害となった山手町地域などの住民からは「行政はこれまで何をしていたのか」と不信の声も上がっており、神辺町や御幸町などの浸水地域でも「ポンプの稼働状況や浸水原因を説明してほしい」などの声が出されています。

 現状やこれからの対策を丁寧に住民に説明することが必要です。

 三原市では、市長も出席して浸水被害地区で説明会を開いています。

 県の担当者も「瀬戸川流域河川整備計画を住民へ周知する機会ととらえ、ロードマップを住民へ説明することが必要」との認識を示しています。

 福山市としても、県と連携して早く説明会を開くよう求めました。

 市は、「国・県等と立ち上げた『福山市域における浸水対策協議会」で被害の検証と今後の対策を協議し、その結果について、地域住民への説明会を開催する」と答えました。

し尿のくみ取り料金が全額免除になります(2018年9月議会報告)

 7月豪雨災害で便槽に大量の雨水が流れ込み、し尿のくみ取り料金が通常は月平均1000円程度の家庭で8000円の支払いが求められるなど、大幅な負担増となっています。

 災害時のし尿手数料を福山市は半額だけ免除していますが、同じく被災した広島県や岡山県では、全額免除とする市町も多くあります。

 市議会全員協議会や一般質問で全額免除を求め、「今回の災害では、手数料の全額を補助する」との答弁を得ました。

 また、市民がいったん全額を支払ってから払い戻しを受ける仕組みとなっているため、予算委員会で市が直接、業者に支払うことを求めました。

問い合わせ

村井あけみ市議の一般質問と答弁です(2018年9月市議会)

Simg_8295

2018年9月議会の一般質問で、村井あけみ市議が行った第1質問と市の答弁です。

PDFファイルをダウンロード ←クリック!

1.市長の政治姿勢について

①地球温暖化防止計画について

②「海洋プラスチック憲章」について

2.乳幼児等医療費助成制度の拡充について

3.防災,災害復旧について

①ため池の管理,防災対策について

②治山・治水予算について

③人員体制について

4.教育行政について

①生徒指導規程について

②小中学校へのエアコン設置について

再質問は後日、福山市議会ホームページに動画と議事録が掲載されるので、そちらをご覧ください。

http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/gikai/

土屋とものり市議の一般質問と答弁です(2018年9月市議会)

Simg_8280_2

2018年9月議会の一般質問で、土屋とものり市議が行った第1質問と市の答弁です。

PDFファイルをダウンロード ←クリック!

1.2018年7月豪雨災害について

○避難指示,避難経路,避難場所の設置について

○危険情報の周知について

○河川整備計画について,浸水対策について

○治山事業について

○罹災後の支援制度について

○中小企業,小規模事業所への支援制度について

○民有地,墓苑墓地などの土砂崩れの復旧支援について

○実態把握と検証,住民説明会の開催について

○災害対応におけるごみ処理の広域化と水道事業の広域化について

2.鞆町のまちづくりについて

○伝建地区内への防災広場の設置について

3.民生福祉行政について

○生活保護世帯へのエアコン設置について

○福祉施策としてのエアコン購入の補助制度について

4.教育行政について

○通学路のブロック塀の安全対策について

再質問は後日、福山市議会ホームページに動画と議事録が掲載されるので、そちらをご覧ください。

http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/gikai/

傍聴にお越しください。2018年9月市議会の一般質問の日時と内容です

9月議会は、日本共産党市議団を代表して、土屋とものり市議と村井あけみ市議が一般質問に立ちます。

2人で145分の質問時間です。市民の声を届けるため、力を尽くしてがんばります。ぜひ、傍聴にお越しください。

傍聴の受付は、市役所議会棟5階です。

【土屋とものり市議の一般質問は、12日(水)午後1時からです】

1.2018年7月豪雨災害について
○避難指示,避難経路,避難場所の設置について
○危険情報の周知について
○河川整備計画について,浸水対策について
○治山事業について
○罹災後の支援制度について
○中小企業,小規模事業所への支援制度について
○民有地,墓苑墓地などの土砂崩れの復旧支援について
○実態把握と検証,住民説明会の開催について
○災害対応におけるごみ処理の広域化と水道事業の広域化について

2.鞆町のまちづくりについて
○伝建地区内への防災広場の設置について

3.民生福祉行政について
○生活保護世帯へのエアコン設置について
○福祉施策としてのエアコン購入の補助制度について

4.教育行政について
○通学路のブロック塀の安全対策について

【村井あけみ市議の一般質問は、12日(水)午後2時10分からです】

1.市長の政治姿勢について
①地球温暖化防止計画について
②「海洋プラスチック憲章」について

2.乳幼児等医療費助成制度の拡充について

3.防災,災害復旧について
①ため池の管理,防災対策について
②治山・治水予算について
③人員体制について

4.教育行政について
①生徒指導規程について
②小中学校へのエアコン設置について

排水ポンプ車を増設し、浸水被害対策を(7月豪雨関連)

 7月豪雨では、市内各地で浸水被害が起きました。

 特に山手町地域では、2016年の豪雨に続き、またしても甚大な浸水被害となり、住民からは強い怒りの声があがっています。

「住家の浸水被害の状況」2018年8月27日現在の市調査(PDFファイル)

国の支援制度について中央省庁と交渉

C0344374_15154734

 8月30日、大平喜信前衆議院議員、辻つねお県議、党市議団を代表して土屋とものり市議が国の支援制度についての政府交渉に上京しました。

 山手町地域の浸水対策について、福川・瀬戸川流域の対策を強く要請。毎秒9t規模の排水ポンプ機場の設置計画の前倒しと、緊急対策として国交省の排水ポンプ車の増設について懇談しました。

 福山市など準用河川を持つ市町も排水ポンプ車購入の交付金対象になるよう国交省が対応していることが判明しました。

「市として排水ポンプ車の購入を検討」

 9月3日の市議会全員協議会で、土屋市議が「市としてポンプ車の配備を」と求め、「(購入を)検討する」との答弁を引き出しました。

 引き続き、政府交渉の成果を議会論戦に生かし、被災者に寄り添った支援となるよう全力を尽くします。

県とも懇談し、進捗状況を確認

Img_5653

 辻つねお県議と市議団は8月24日、2016年の豪雨を受けて県が作成した瀬戸川流域の治水対策計画について、河川整備担当者と懇談し、進捗状況などについて説明を求めました。

 想定雨量など含め2年前の計画についての検証、ポンプ場設置など計画の早期実施、福川などの河川の浚渫、国交省のポンプ車増設などの緊急対策、現状や対策のロードマップなどを地元住民に丁寧な説明をすることなどについて要望し、懇談しました。Skm_c22718083016570

Haisuikijou

Fukugawaponpu

子ども医療費助成、ついに中学3年生までに!

 9月4日の福山市議会本会議で、来年2019年4月1日から通院・入院ともに中学3年生まで医療費助成制度を拡充するとの方針が明らかになりました。

 市は、拡充の趣旨を、「昨年度実施した『子どもの生活に関する実態調査』によると、子どもの医療機関受診抑制経験者の割合は、生活困難度が高いほど高く、その理由として経済的な理由を挙げる割合が生活困窮層では、県全体の平均を上回る状況にあった。また、将来的に必要と思う支援として『子どもの医療費に対する支援』を求める割合は、生活困難度にかかわらず、すべての層で高い割合を占めていた。こうしたことから、子どもの貧困対策に加え、人口減少対策の施策の一つとして、乳幼児等を対象とした医療費助成制度について、対象者の範囲を拡大するもの。」としています。

 日本共産党市議団は、子育て支援と貧困対策として医療費助成の拡充を公約に掲げ、長年取り組んできました。

 県内で最低レベルだった対象年齢がついに拡充されるのは、とても喜ばしいことです。

Kodomoiryouhikakujuu

所得制限・一部負担金の撤廃とさらなる助成拡充を

 しかし、500円の一部負担金と所得制限は残ります。

 全国では、一部負担金も所得制限もない市町村の方が多数派です。

 18歳まで助成する自治体も、全国・県内でも増えています。

 党市議団は、引き続き改善に取り組みます。

Img_6030

↑福山市母親大会実行委員会が9月4日、中学3年生までの医療費無料化を求める要望書(署名4338筆)を提出しました。

学校の エアコン設置が実現へ!しかし教室の最高気温は40℃超、計画の前倒しを!

 9月4日の福山市議会本会議で、すべての小・中学校の普通教室と特別教室(音楽・理科・美術)1609教室にエアコンを設置する方針が明らかになりました。

 子どもや保護者の強い要望であり、党市議団も長年にわたって議会論戦に取り組んできた課題がついに実現に向かいます。 

 しかし、エアコンの設置計画は、一部を除き、小学校は2021年6月末、中学校は2022年5月末の設置完了を目指すとのことで、すべての学校に設置されるのは4年後です。

教室の気温、40度を超える

 党市議団が市教育委員会に提出させた全校室温調査資料によると、今年7月、最高室温が40度を超えた学校もあります。あまりにも過酷で、子どもの命と学ぶ権利が守られる環境とは言えません。2018situonchousa

1日も早いエアコン設置を

 8月29日に新日本婦人の会が、9月4日に福山市母親大会実行委員会が中学3年生までの医療費無料化を求める要望書(署名4338筆)とともにエアコン設置を求める要望書(署名4220筆)を提出し、早期設置の切実な要求を訴えました。日本共産党市議団も同席しました。

 福山市と同規模の愛知県岡崎市は、計画を前倒しして1年で完了させ、来年夏までの設置をめざしています。横浜市では、513校もの大規模な設置を直接施工方式で2年で完了させました。

 福山市は、設計・施行・維持管理・運営等を一括して民間事業者に行なわせるPFI方式の導入をめざしていますが、他市の先進事例を研究し、1日も早くエアコンを設置するために行政として最大限に努力すべきです。

 9月議会で引き続き、議会論戦に取り組みます。

Img_1256

Img_6045

↑4220筆の署名、切実な願いが込められています。

議員の紹介
村井あけみプロフィール 高木たけしプロフィール 土屋とものりプロフィール 河村ひろ子プロフィール

村井あけみの奮戦記

土屋とものりのよもやまブログ

ひろ子ワールド

たけし通信