カテゴリ「市政・市議会報告」の記事 Feed

福山道路の見直しを(2019年9月議会報告)

 市は、福山道路(国道2号バイパス・笠岡市~赤坂町=費用試算1700億円)の建設を推進しようとしています。

 道路建設によって得られる効果とかかる費用を比べて、計画の必要性を判断する費用対便益は1.8です。

 しかし、国土交通省によると、これは総延長16.5kmのうち事業化した3.3km区間のみで算定した数値です。

 福山道路は「東西方向の連絡強化、交通混雑の緩和」が目的とされていますが、全長16.5kmのうち3.3km区間のみが開通してもバイパスにはなりません。

 仮に福山沼隈道路が接続したとしても、その端は福山市街に流入し、結局は現国道2号線の新たな負荷となってしまいます。

 また、倉敷福山道路も現在は局所的な開通のみで、全通の具体的見通しがなく、バイパス機能はありません。

 架空のネットワークでの試算であれば、費用対便益の数値に根拠はないと追及しましたが、市は明確に答えませんでした。

今ある道路の改良すすめよ

 福山道路の予定区間は住宅密集地があり、道路建設は現実的ではありません。

 日本共産党市議団は、渋滞対策に既存道路の改良を求めてきましたが、今年度、福山郵便局前交差点の上り車線の右折レーンが延長されることが分かりました。

 引き続き、このような取り組みが求められます。

Fukuyamapostkousaten1

Fukuyamapostkousaten2

右折車両の車線はみだしを防ぎ、渋滞解消をはかる計画です(広島県道路交通渋滞対策部会資料より)

野犬の積極的な保護を(2019年9月議会報告)

Img_0929

 市内で野犬が増えており、特に松永地域の住民から「野犬が群れており、子どもを外で遊ばせるのが不安」などの声が寄せられています。

 日本共産党市議団はこれまで、野犬の保護ボランティアらと現地を調査し、議会で野犬の保護や譲渡の強化を求めてきました。

 今年6月の動物愛護法の改正を受け、9月議会では、さらなる取り組みを求めました。

2018nendodoubutuaigo 市動物愛護センターは、犬や猫の殺処分ゼロをめざし、譲渡活動に力を尽くしています。

 譲渡先はボランティアなど愛護団体が大半を占めますが、「成犬や元野犬は譲渡が進みにくく、施設が満杯状態になっている。また、不妊・去勢手術の費用などの負担も重い」との声があがっています。

センターの施設拡充と収容数の拡大 野犬の積極的な保護 譲渡先団体への保護犬の不妊・去勢の助成―を求めました。

 市は、「施設の拡充は考えていない」「保護犬への不妊去勢手術の助成は考えていない」と冷たい答弁でした。

 野犬については、「愛護センター職員が現地に出向き、直接保護活動を行うほか、周辺住民の方にご協力をいただき、保護機を設置している。また、市民に対しては、無責任にえさを与えたりすることで、野犬を増やさないよう、周知啓発を行っている」と答えました。

Img_0923

松永町の現地調査にて。子犬がおり、道路にえさがまかれた形跡もありました。

Img_0927

 野犬を見かけたときは、市動物愛護センターに連絡してください。

 安易にえさをあげると、野犬が繁殖し、地域住民の方が迷惑することもあります。

 早い時期に保護し、譲渡先を見つけることが大切です。

福山市動物愛護センター Tel:084-970-1201(直通)

https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/soshiki/dobutsuaigo/ 

子ども医療費の無料化を―さらに18歳まで!(2019年9月議会報告)

 福山市は今年4月、子どもの医療費助成の対象を入院・通院とも中学校卒業までに広げました。

 長年の要望がようやく実現しました。

 しかし、全国では18歳(年度末)まで助成する市町村が増えています。

 また、完全無料の市町村が6割を超えますが、福山市では1日500円の一部負担金が必要です。

201909nyuuyoujiiryou

 対象年齢を18歳まで拡大し、一部負担金や所得制限をなくすことを求めました。

 市長は「拡充は考えていない」と答えましたが、子育てを支援する大切な制度です。

 さらなる制度の充実に引き続き取り組みます。

妊婦の医療費助成や産後ケア充実を(2019年9月議会報告)

「子育てしやすい街1位」の宇都宮市にならって

 民間調査の「共働き子育てしやすい街ランキング」で1位になった栃木県宇都宮市は、様々な子育て支援が充実しています。

 例えば、妊娠から出産後2か月までは月500円で病院に行ける制度や、出産後の心身のケアや育児サポートを4か月まで利用できる制度があります。

 子育ての不安を解消し、子どものすこやかな成長を支援するため、福山市も制度を創設・充実するよう求めました。

09c_1002

ひとりで苦しまないように―「産後うつ」のサポートを

 出産後、子育ての不安など心と体の不調に苦しむ女性は少なくありません。

 産後1年未満に死亡した女性の死亡原因の第1位は自殺で、「産後うつ」が原因の一つと考えられています。自殺の時期は、産後1年を通して起きており、長期的なサポートが必要です。※国立育成医療研究センターの調査より

 産後うつのサポートを強化するため、ネウボラ(福山市の総合的な子育て支援事業)を拡充するよう求めました。

市答弁「さらに進めて取り組みたい」

 市は産後うつに対し、「4か月までの乳児の全戸訪問事業のなかで、リスクのある家庭には保健師など専門職の訪問や継続的な支援をしている。また、すこやか育児サポート事業では、小児科医などが妊婦や産後の母親らの相談を受け、リスクがあれば医師から行政の継続支援につなげる」などの取り組みをしていると答えました。

 そして、「産後うつは産前産後の大きな問題の一つととらえており、このような事業をさらに進めて取り組みたい」と前向きに答えました。

2019年9月議会だよりをご覧ください

日本共産党市議団の2019年9月議会の質疑について、お知らせします。

子どもの医療費無料化、妊婦の医療費助成・産後ケア、情緒通級指導教室の小学校1年生の受け入れ、市営住宅、学校給食と農薬、国保税の均等割、市債、保育の給食副食費の実費負担化、非常用自家発電機の補助、動物愛護と野犬問題、高齢者の投票支援、公共施設の削減方針、常金中学校と新市中央中学校の統廃合、消費税増税―

表面は各市議ごとで、裏面は共通です。ぜひ、ご覧ください。

20199

表面

2019年9月議会だより表面(村井あけみ市議版)pdfファイル

2019年9月議会だより表面(高木たけし市議版)pdfファイル

2019年9月議会だより表面(土屋とものり市議版)pdfファイル

2019年9月議会だより表面(河村ひろ子市議版)pdfファイル

20199_2

裏面

2019年9月議会だより裏面(pdfファイル)

消費税10%強行に抗議―5%に戻して景気回復を

 安倍政権は、10月1日から消費税10%への増税を強行しました。

 増税について、日本共産党市議団の9月議会での質疑をお知らせします。

 日本共産党市議団は、これまで何度も、国に増税中止を要望するよう市に求めてきましたが、9月議会では次の点を指摘し、重ねて求めました。

増税反対が国民の過半数

 先の参議院選挙後の出口調査では、消費税増税に反対57%・賛成43%でした。世論調査でも反対が上回っています。

 もうこれ以上増税しないでください。ますます苦しい生活になります(60代)(日本共産党の2018年ふくやま市民アンケートより)

消費税は法人税の穴埋めに

 1989年の導入以来、消費税の増税と引き換えに法人税は減税されてきました。

 31年間の消費税収は、396兆7千億円に上る一方、法人3税の減収額は297兆8千億円です。

Syouhizeihoujinzei

大企業ほど税負担が軽い

 しかも、安倍政権は大企業を優遇し、実質的に負担する法人税率は、資本金1億円以下の企業が18・1%なのに対して、100億円超の企業は12・4%です(2016年度)。

 大企業優遇税制を改め、応分の負担を求めるべきです。

社会保障は悪くなるばかり

 一方、社会保障は削減されてきました。

 増税後も、介護保険の給付制限や負担増、公的病院の統廃合の推進など、改悪案が目白押しです。

消費税は低所得者ほど負担が思い

 総務省の調査によると、消費税率10%の場合、年収251万円の世帯では、負担額は平均24万1189円で負担率9・61%と、収入の約1割が消費税に消えます。

 年収1418万円の世帯では、負担額51万3407円で負担率3・62%となります。

 消費税は、収入が少ない人ほど負担が重く、税率が上がれば、格差と貧困はさらに広がります。

Syouhizeifutan

増税前にすでに景気悪化

 7月までの商業販売額は8カ月連続で減少するなど国内景気は悪化し、世界経済のリスクも拡大しています。

中小業者や商店は大混乱

 複数税率対応のレジ機器導入が間に合わない商店も多く、キャッシュレスのポイント還元でも混乱は必至です。

増税を撤回し、さらに5%減税へ

 8%増税以降、家計消費は落ち込んだままです。

 さらに10%増税となれば、国民のくらしも経済も破壊され、景気悪化から抜け出せなくなります。

 日本共産党は、増税撤回と5%への減税をめざし、みなさんと力をあわせて取り組みます。

生活保護世帯にも家計支援を

 10%増税の低所得者対策として、前年の年金収入が一定基準額以下の住民税非課税世帯に基準月額5千円の「年金生活者支援金」が支給されます。

 ところが、生活保護を利用している場合は「収入」とみなされ、生活保護費が減額され、差し引きゼロとなります。

 生活保護利用者が低所得者対策から外されるのはおかしいと指摘し、国に改善を求めるよう市に要望しました。

 ほかにも、プレミアム商品券を購入できても差額分は減額され、クレジットカードの使用は禁止されているため、ポイント還元もありません。

 消費税増税は「健康で文化的な最低限度の生活」を奪うものです。

※年金保険料の納付期間・額や障がい者手帳の等級などによって給付額は変わります

市政報告2019.9.29日号です

9月議会の補正予算の討論と、手城川流域の浸水対策について、お知らせしています。

ぜひ、ご覧ください。

市政報告2019.9.29日号(PDFファイル) ←クリック

2019929siseinews

村井あけみ市議の一般質問と答弁です(2019年9月議会)

Img_9838

2019年9月議会の一般質問で、村井あけみ市議の第1質問と市の答弁です。

2019年9月議会・一般質問と答弁(村井あけみ市議)PDFファイルをダウンロード ←クリック!

1 市長の政治姿勢について

①参議院議員選挙結果と投票率向上策及び在宅投票制度の拡充について

②福山市公共施設等サービス再構築基本方針について

2 医療費助成制度等について

①子ども医療費助成制度の拡充について

②妊産婦医療費助成制度の創設について

③産後ケア事業の拡充について

3 動物愛護行政について

4 福山駅周辺の開発について

5 商工行政について

 ①リム・ふくやまの今後のあり方について

6 農林水産行政について

 ①農薬問題と学校給食への安心な食材提供について

7 教育行政について

 ①通級指導教室利用について

第一質問の後、一問一答形式で再質問を行います。

再質問は、福山市議会ホームページに動画と議事録が掲載されるので、そちらをご覧ください。

http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/gikai/

次期ごみ処理施設に834億200万円!(補正予算報告)

 9月17、18日の予算特別委員会で、今年度の福山市一般会計補正予算を審議しました。

 日本共産党の討論の概要をお知らせします。

新ごみ処理施設に834億200万円

 補正予算案は、歳入歳出それぞれ5億4402万3千円を追加し、2019年度の総予算額を1746億1402万3千円とするものです。

 新しいごみ処理施設を建設して市内全域と府中市・神石高原町の可燃ごみを一手に処理する「ごみ処理施設整備・運営事業」に、2020年度から2043年度までの債務負担行為として限度額834億200万円が計上されています。

 債務負担行為とは、予算は単一年度で完結するのが原則ですが、1つの事業が単年度で終わらずに後年度にも負担(支出)し続けなければならない場合に、あらかじめ後年度の債務を予算で決めておくことです。

 今回の債務負担行為は、一般会計予算の約半分にあたる規模です。

1人あたりの市債 29万円から35万円に

 そのため、2018年度末には29万8千円だった市民1人あたりの市債(市の借金)が、今後35万7千円にまで増えます。

 10月からの消費税増税など市民生活が厳しい中、将来的な市民負担を増やすべきではありません。

焼却ごみ減らし、広域処理やめよ

 そもそもごみ処理は、自分の市町で排出したごみはその市町内で処理する自区内処理が基本です。

 他市町のごみを処理することで建設費用が増高するあり方は問題です。

 また、焼却処分の削減をすべきです。現在6種類のごみ分別収集をさらに細分化して資源回収を高めるよう求めましたが、取り組むとの答弁はありませんでした。

メリットのない公設民営方式やめよ

 事業方式として公設民営のDBO方式が望ましいとしています。

 DBOとは、施設を建設するときに、自治体が財源を確保し、その設計・建設や運営・維持補修を民間事業者に一括発注し、長期間にわたって委託する方式です。

 公設公営方式とDBO方式での運営を比較した場合の公共財政負担削減率は2・5%で、他市と比較しても数値が小さく、DBO方式のメリットはありません。

 それにもかかわらずDBO方式に固執するあり方にも問題があります。

くらし・福祉 最優先の予算を

 その他の歳出には、特別養護老人ホームの定員増や市営住宅の外壁改修、小規模福祉施設の非常用自家発電設備の設置などがあり、大部分は賛成できます。

 しかし、市民に多大な負担を押し付けるごみ処理施設のあり方は認められません。日本共産党市議団は、政治的な比重から補正予算に反対しました。

高木たけし市議の一般質問と答弁です(2019年9月市議会)

Img_9834

2019年9月議会の一般質問で、高木たけし市議の第1質問と市の答弁です。

2019年9月議会・一般質問と答弁(高木たけし市議)PDFファイル ←クリック!

1 市長の政治姿勢について

①核兵器禁止条約の批准を政府に求めることについて

②消費税増税について

2 国民健康保険事業について

 ①国保税引き下げについて

 ②一部負担金の減免制度拡充について

 ③資格証明書について

 ④子どもの均等割の減免について

3 介護保険制度について

4 保育行政について

 ①給食費の実費徴収について

 ②認可保育所の拡充について

 ③保育士配置基準の拡充について

5 建設行政について

 ①福山道路建設計画について

 ②市営住宅について

  ア 市営住宅の改善について

  イ 連帯保証人の免除について

  ウ バリアフリー化の促進、エレベーターの設置について

6 教育行政について

①常金中学校における学校統廃合計画と地域振興について

第一質問の後、一問一答形式で再質問を行います。

再質問は、福山市議会ホームページに動画と議事録が掲載されるので、そちらをご覧ください。

http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/gikai/

議員団の紹介
村井あけみプロフィール 高木たけしプロフィール 土屋とものりプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール

村井あけみの奮戦記

土屋とものりのよもやまブログ

ひろ子ワールド

たけし通信