« 2017年6月議会だよりができました | メイン | 「公契約条例」を制定し、適正な労働環境を(2017年6月議会報告) »

市のごみ処理施設を現地視察しました

Simg_1783

 日本共産党市議団は7月31日、深品、新市両クリーンセンターと西部清掃工場の3カ所のごみ処理施設を現地視察しました。

進む老朽化と外部委託

 老朽化が進む施設の現状と民間業者への委託状況を調査しました。

 3施設とも、家庭ごみを主とする可燃ごみを焼却処理しており、市民のくらしを支える大切な施設ですが、同行した市職員は「修理しながらの状態。延命化の改修をしなければ、正常な稼動は難しい」と説明。また、すべての修繕必要箇所にすぐに対応できない厳しい予算状況が伺えました。

 施設の運営は民間委託されており、新市クリーンセンターの3人以外、市の職員は配置されていません。

 雇用形態は委託先に一任されており、正規社員が1人のみの施設もありました。

 施設を安全に管理するためにも、専門的な技術を持つ職員が安定的で健康的に働ける労働環境が重要です。

Simg_1846

 また、本来なら、環境保全や公害防止などに万全の対策を講じるため、市が責任を持ち、市直営でごみ処理を行うことが求められます。

Simg_7266

↑施設が老朽化している分、適切に燃焼させるために、調節・管理に技術が必要とされるそうです。

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール

ひろ子ワールド

みよし剛史の徒然ブログ

たけし通信