« 11月21日、市議会常任委員会の傍聴にお越しください | メイン | 市議会議員定数―現行40人の堅持を »

就労支援A型事業所の解雇問題について緊急要望提出

 福山市の一般社団法人「しあわせの庭」が福山、府中両市で運営する「就労継続支援A型事業所」2カ所を11月17日付で閉鎖し、利用者112人と職員32人をいっせい解雇しました。

 10月、11月分の賃金が未払いのうえに突然の解雇通知を受け、利用者らは大きな不安と憤りを抱えています。

 党市議団は21日、利用者や職員と面談し「ショックで食事がとれなくなり、点滴を受けている」「光熱水費が支払えない」「子どものミルクやオムツを買うお金もない」「利用者の中にはリストカットしてしまう人もいる。安否が心配」などの声を聴き取りました。

Simg_3039

 22日、辻つねお県議と連名で福山市長あてに緊急要望書を提出し、すべての利用者の訪問調査や失業手当等の早急な給付、ライフライン保護の要請、生活物資の提供など9項目を申し入れました。

 応対した保健福祉局長は「利用者保護に万全の体制をとり、最善を尽くしたい。要望の趣旨はよく分かる」と答え、市の災害備蓄品を活用して必要な物資を早急に提供することが決まりました。

 就労支援A型事業所の解雇は全国で相次いでいます。党市議団は、県議や国会議員、他自治体の議員とも力をあわせ、引き続き支援対策に全力を尽くします。

 心配ごと、相談したいことなどがあれば、遠慮なく日本共産党市議団までご連絡くださいinfo@f-jcp.com

就労継続支援A型事業所は、障害のある人が雇用契約を結び、最低賃金以上を受け取って就労訓練を受けながら働く場です。

障害者就労支援A型事業所「しあわせの庭」解雇者の命と暮らしを守る緊急要望書

 【要望項目】

1.利用者は福山市だけでなく、尾道市や府中市など近隣自治体におよんでいます。行政の責任で訪問調査を行い、全ての利用者の安否確認、心身の状態や生活実態把握を緊急に行うこと。その際、必要に応じて、保健師を派遣し不安軽減を図ること。

 2.利用者や家族、職員の生活保障が緊急課題です。失業給付や社会保険が支給されるまでの間のつなぎ資金を早急に給付すること。

 3.水道、電気、ガスなどのライフラインを停止しないよう、関係機関へ要請し、個別対応すること。

 4.自力での移動に困難を抱える利用者は、市役所での説明会に参加できない状況が発生しています。必要に応じバス・タクシー券を緊急配布するなど、交通手段の確保を行うこと。

 5.広島県やハローワーク等関係機関と連携し、ワンストップで対応できる「緊急総合相談窓口」を開設すること。生活再建、労働相談、医療・こころの不安の解消、債務整理の相談など、一元的に解決できる窓口とすること。その際、窓口に来られない人には、市が訪問等で対応すること。

 6.「緊急一時給付金制度」を創設すること。

 7.失業手当の前倒し支給を、国等、関係機関と連携して早急に行うこと。

 8.災害備蓄倉庫の物資を開放するなど、必要な生活物資を提供すること。

 9.必要に応じて、生活保護を即日給付すること。

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 土屋とものりプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール 村井あけみプロフィール

土屋とものりのよもやまブログ

ひろ子ワールド

みよし剛史の徒然ブログ

たけし通信

村井あけみの奮戦記