« 通級指導教室―小学1年生からの受け入れ続けよ(2019年8月17日文教経済委員会) | メイン | 市政報告(2019.9.1日号)をご覧ください »

公共施設の集団補聴装置―周知と拡充に前向き答弁(2019年8月26日民生福祉委員会)

 日本共産党市議団は先の6月議会で、補聴器等の聞こえを補助する集団補聴装置※を公共施設に設置するよう求め、現在、すこやかセンターと神辺市民交流センター、中央図書館に設置されていることが分かりました。

 しかし「市民にあまり知られていない」との声を受け、河村ひろ子市議は周知の徹底を求めました。

 市は「ホームページや広報などで周知する」と答え、ホームページには翌日さっそく掲載されました。

集団補聴装置(ヒアリングループ等)等の設置施設について ←福山市ホームページにリンク

 また、貸し出しが可能な携帯型補聴装置の設置を求め、「様々な団体などの意見を聞き、検討していく」と前向きな答弁がありました。

※磁器ループなど、周りの騒音や雑音に邪魔されずに、目的の音・声だけを聴き取るための装置です。

Loop_2

議員の紹介
村井あけみプロフィール 高木たけしプロフィール 土屋とものりプロフィール 河村ひろ子プロフィール

村井あけみの奮戦記

土屋とものりのよもやまブログ

ひろ子ワールド

たけし通信