« 2020年9月議会の一般質問の日時と項目です | メイン | 実現!医療・介護・福祉 学校・保育施設でPCR検査を実施(2020年9月議会報告) »

スポーツ施設の統廃合やめて(2020年9月議会報告)

 福山市は、今年2月に策定した「スポーツ施設再編方針」をもとに、市内の水泳場やテニスコートを統合・廃止しようとしています。

方針は、福山市ホームページに掲載↓

http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/soshiki/sports-shinkou/181489.html

Suieisaihen

水泳場を4カ所も廃止

 水泳場6カ所のうち4カ所を廃止するとして、丸之内公園と竹ケ端運動公園は今年度中に解体する方針です。

 緑町のローズアリーナには新たなプールを設置し、大規模な大会が開催できるよう「拠点化」する計画ですが、市全体で失われる水泳場の面積は約6割にも上ります。

パブコメも利用者調査もせず

 市は、再編方針の策定にあたり、市民の意見を募集するパブリックコメントや施設利用者の調査もしていません。

 市民からは、丸之内公園水泳場の存続を求める要望署名が提出されています。

 再編方針を見直すよう求めたところ、市は「統廃合による拠点機能の強化により『するスポーツ』と『見るスポーツ』の両立が可能となる」と強調しました。

 しかし、公共スポーツ施設は、すべての市民が日常的にスポーツに親しみ、参画できる場であるべきです。

 日本共産党市議団は、みなさんと力をあわせ、引き続き丸之内公園水泳場の存続などを求めて取り組みます。

Img_3015

↑丸之内公園水泳場

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール

ひろ子ワールド

みよし剛史の徒然ブログ

たけし通信