家族が亡くなったときに…「おくやみワンストップ窓口」開設

家族が亡くなったとき、市役所で様々な手続きが必要となります。

「悲しみのさなかで、たくさんの窓口に行かなければならず、その度に死亡したことを説明させられて非常に大きな負担だった」。以前、このような声が寄せられ、日本共産党市議団は一つの窓口で手続きを完了できるワンストップ化を求めました。

要望が実り、福山市は5月から「おくやみワンストップ窓口」を本庁舎に開設。「待たない・書かない・移動しない」をモットーに遺族の手続きを支援しています。

Okuyami1

Okuyami2

(画像出典:福山市長記者会見資料)

事前予約が必要です。

来庁3日前までに専用ダイヤル(084・928・1139)に連絡すると、担当課が必要な手続きを確認し、申請書を準備します。

死亡届出後の国民健康保険、後期高齢者医療保険、介護保険、児童手当など各種福祉の手続きが対象で、これまで2時間かかっていたものが40分程度に短縮できるとのことです。

◇    ◇

子どもが生まれたときの「出生ワンストップ窓口」もできました(予約不要)。

大型道路より防災対策を―芦田川の浸水対策の進捗状況

気候変動の影響で、世界中で豪雨災害が起きています。

福山市内でも、7月の集中豪雨で時間雨量70㎜を観測した地点がありました。

Kinoshou

芦田川の氾濫防止対策を急げ!

芦田川が氾濫すれば、甚大な被害が予測されており、対策は急務です。

2018年の西日本豪雨を受け、日本共産党は堤防強化と河川内の土砂や樹木の定期的な撤去を繰り返し求めてきました。

一定の前進があり、今年6月末までに41万㎡の樹木伐採、6万㎥の土砂撤去が行われました。

(詳しくは、「福山市域の浸水対策フォローアップ」をご覧ください→ 福山市域における浸水対策について

また、「芦田川水系河川整備計画」が改定され、今年度は神島橋から南側の河道掘削、草戸地域の堤防浸透対策工事、水呑地域の堤防耐震対策の調査設計が進んでいます。

しかし、他に河川整備が必要とされている御幸・郷分・駅家・新市・芦田地域の対策予算は、まだ組まれていません。

Ashidagawakeikaku(画像出典:芦田川水系河川整備計画概要版)詳しくは、国交省ホームページをご覧ください。→芦田川水系河川整備計画【大臣管理区間】(変更)

予算の配分を変えて、浸水対策の加速化を

福山市の資料によると、昨年の補正予算と今年の当初予算をあわせて、浸水対策には国11億円、広島県16億円の一方、大型道路には国35億円、県41億円が計上されています。

予算の配分を変えれば、浸水対策をもっと加速できます。街を壊す大型道路より、命と暮らしを守る防災対策を優先するべきです。政治を変えるため、日本共産党は力をあわせてがんばります。

2021sinsui

2021douro(画像出典:市長記者会見資料)

【過去記事】

2020.2芦田川の堤防強化を― 河川整備予算を増額せよ

芦田川の災害対策を―堤防を強化せよ(2019年12月議会報告)

日本共産党福山市議団だより2021年夏号できました

20216

20216_2

6月議会の質疑の内容や活動についてお知らせしています。
表面は、コロナ禍でも貯金をためこむ福山市の姿勢や「生理の貧困」、高齢者の医療費2倍化、国保税、補聴器補助について。
裏面は、国と福山市が進めるデジタル化について。書ききれないほど様々な問題があるのですが、ギュッと短くしてお知らせしています。
核兵器廃絶や、学校統廃合、耐震化補助、浸水対策についても、ぜひお読みください。
 
 
 
各ご家庭に配布します。
ご近所や自分が住むアパートなどだけでも配布にご協力いただける方、お知り合いに1枚でも渡していただける方がおられたら、ぜひご連絡くださいませ。
郵送をご希望の方も、お知らせください。
info@f-jcp.com
084-952-2662

福山駅前PCR臨時スポット開設

Dsc_3824

福山市内の新型コロナ感染拡大を受け、広島県はJR福山駅南口にPCR検査の臨時スポットを開設しました。

予約は要らず、その場で家族など人数分の無料の検査キットを受け取り、希望した日に唾液を採取して臨時スポットかPCRセンター(新涯町)に提出します。

検査キットの配布は7月22日から8月30日までで、毎日7時から15時まで開設しています。

陽性の場合は2日後に電話連絡があり、陰性の場合は携帯番号を登録すればショートメールでお知らせがあります。または、県ホームページが更新された時点で連絡がなければ陰性です。

Dsc_3826

今こそ積極的に検査を

市の発表によると、7月20日までに356人の変異株感染が確認され、そのうち1人は感染力が従来の約2倍も強いと言われるデルタ株の可能性があります。

今後、東京五輪・パラリンピックや夏の連休で人の移動が増え、さらに感染が拡大する恐れがあります。

無症状の感染者を早く発見し、感染の芽をつみとるため、大規模検査が重要です。

広島県は現在、駅や空港などの臨時スポットの他に、県内に住む人や働く人向けのPCRセンターを常設し、帰省する人への事前検査の体制も強化しています。

政府が抜本的な検査体制の強化に後ろ向きな中で、自治体として独自に先進的な取り組みを続けていることは評価できます。

ぜひ積極的に検査を受け、帰省を予定する家族などがいれば、事前検査や臨時スポットでの検査を呼びかけましょう。

夏のPCR検査体制

❶福山PCRセンター

新涯町2―23(旧福山港駐車場)ドライブスルーで唾液を採取。県内に住む人・働く人に加え、8月31日までは県外の人も対象。毎日11時から15時開設。要予約(050・1741・6373)

hiroshima-pcr.jp/pcryoyaku

❷福山駅前臨時スポット

(詳細は前述)

❸帰省する人への事前検査

8月1日から31日まで。県外からの帰省を予定する人に検査キットを送付。自宅で唾液を採取して郵送し、帰省前に結果を知ることができます。WEBサイトから帰省予定者や地元家族が申し込みます。送料無料。

※すべて無料で無症状者が対象。問い合わせは県事務局(082-207-2322)。

詳しくは、下記の県ホームページをご覧ください。

夏のPCR検査集中実施

日本も核兵器禁止条約に参加を国―国民平和大行進、福山に

Dsc00156

7月26日、今年で64回目の「原水爆禁止・国民平和大行進」が福山市に到着しました。

大門町の公園で約30人が出迎え、岡山県の行進団からの引き継ぎ式が行われました。

通し行進者らは挨拶で、核兵器禁止条約に86か国が署名し、日本政府に条約の参加を求める意見書が593自治体で採択されたことを報告し、条約に背を向ける政府を変えようと呼びかけました。

Dsc00174

広島県の行進団は横断幕を引き継ぎ、福山市役所までの約10㎞を行進しました。

到着式では、広島の原爆投下直後に降った「黒い雨」を巡る訴訟で健康被害を受けた原告全員を被爆者と認めた広島高裁の判決の上告を国が断念したとのニュースが飛び込み、長い闘いの勝利に喜びの声があがりました。

Dsc00191

国民平和大行進には、福山市長と市議会議長から激励のメッセージが寄せられ、それぞれ到着式と出発式で河村ひろ子市議とみよし剛史市議が代読しました。

Dsc00199

Dsc00202

(現地視察)浸水被害を防げ

Dsc_3817

 7月8日、15日の豪雨により、市内各地で浸水被害や道路冠水が起きました。

 日本共産党市議団は16日、32棟の建物浸水(床上1棟、床下31棟)があった内海町を、住民の案内を受けて視察しました。

Dsc_3851

Dsc_3859

 内海町大浦では、8日朝の2時間で100㎜もの雨量が観測されました。

(広島県防災WEBでは、各地の雨量観測局の数値が公開されています)

http://www.bousai.pref.hiroshima.jp/?p=observation%2Frainfall

 気候変動の影響で豪雨災害が相次ぎ、予測の難しいゲリラ豪雨も増えています。

 芦田川はじめ河川の改修や堤防強化とともに、排水樋門の操作の自動化など、洪水氾濫を防ぐための体制強化を急がなければなりません。

 日本共産党は引き続き、地域の声を聞きながら防災対策に取り組みます。

3

↑15日の木之庄町

↓福山(国)の雨量観測局では、1時間に70㎜もの雨が降っていました。

E6yevbjvgaatgth

コロナ感染拡大を防ぐために、帰省や移動の前に無料で検査を

387627(画像出典:広島県ホームページ)

 広島県は、7月の4連休や夏休み、お盆など、県外からの人の流入が増える時期に、新型コロナ感染拡大を防ぐため、無料のPCR検査体制を強化します。

 帰省を予定している人には検査キットを送付。事前に検査を受けることで、家族などへの感染を防ぎます。実施期間は8月1日から31日までで、予約サイトで申し込みます。

 また、7月20日から8月31日まで、広島空港と広島駅で検査キット配布、山陽道の小谷サービスエリア(下り線)で検査を行います。

 県は、5月の連休では感染拡大地域からの人流が県内の感染急増のきっかけになったと分析しています。

 積極的な検査で感染者の早期発見をめざす県の対応は評価できます。帰省する家族などがいれば、ぜひ検査を呼びかけましょう。

 ※県は、感染拡大地域との往来の自粛を要請しており、やむを得ない事情で帰省する無症状の人が対象です。

 詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

夏のPCR検査集中実施(広島県ホームページ)

 県内に住む人や働く人は、福山PCRセンターなどが引き続き利用できます。

 詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

PCR検査の実施について(広島県ホームページ)

ワクチン担当職員 残業128時間(2021年7月補正予算)

 福山市は、市が実施する新型コロナワクチンの大規模接種の予算として9億1090万円を計上しました。

 しかし、自治体が早期接種にむけて奮闘するなか、国は一転してワクチンの供給量を減らし、接種計画を変更せざるをえない自治体も出ています。河村ひろ子市議が福山市のワクチン確保の見通しをただすと、「8月は大枠、9月以降は示されていない」とのことでした。

過労死ラインをはるかに超える

 政府はこれまで供給量などを自治体に迅速に知らせない一方、接種計画の前倒しを求め、現場の職員に多大な負担を強いてきました。

 「ワクチン接種対策室」の職員の時間外勤務の状況をただすと、6月は最長で月128時間の職員がいたことが分かりました。過労死ラインと言われる80時間をはるかに超える深刻な事態です。

 現在の対策室の職員体制は、本務が7人、他の部署との兼務が12人とのことで、本来の業務への影響や市民サービスの後退も懸念されます。

 福山市が「定員適正化計画」として正規職員を減らし続けてきたことが、非常時の職員負担をいっそう深刻にしていると指摘し、職員の増員を求めました。

キャッシュレス決済を進めるため?市民全体が使える消費喚起策を(2021年7月補正予算)

 福山市は第4号目となる一般会計補正予算案で、飲食店やタクシーの代金をキャッシュレス決済で支払った場合に2割還元する事業に5億1千万円を計上しました。

 コロナ下で同様の消費喚起策は3回目です。過去2回はスマホ決済アプリ「ペイペイ」での支払いに限定され、今回は3社程度の決済サービスの利用を検討しているとのことです。

税金を使って、ペイペイ利用者の増加を後押し

 ペイペイはこれまで204の市町で還元キャンペーンを行い、シェアも独走状態の巨大なプラットフォームとなっています。

 みよし剛史市議は「自治体が税金を使って、ペイペイ利用者の増加を後押しする結果になった」と指摘。「ペイペイが10月から加盟店の手数料を徴収するため、市の施策が企業の収益化につながり、公平性に問題がある」と追及しました。

 市は「ユーザー数を増やすために実施したとは考えていない。特定の事業者を支援する意図はない」と答えました。当然そのような意図があっては許されませんが、行政サービスと一体にキャッシュレス決済が手放せない状況が作られていくと、加盟店も手数料を支払ってでも提供せざるをえなくなります。

 みよし市議は、「税金を原資にキャッシュレス化を広めて、手数料は末端の事業者が負担し、手数料収入は独占的なシェアがある事業者に入るという構図は問題だ」と指摘しました。

誰のための消費喚起策なのか

 ペイペイは加盟店数や決済の実績を市に提供していません。消費喚起の効果検証もできないのに、なぜこの手法なのかとただすと、市は「大きな目的はキャッシュレス決済を進めること」と答えました。

 消費喚起策は、苦境にある地元業者の支援を最大の目的とすべきです。スマホを使わない市民に不平等が生じることも問題です。

 みよし市議は、市民全体が使える消費喚起策にすることを求めました。

コロナ禍で苦しむ事業者の継続支援を第一に

 また、今回の予算は、消費喚起策一本です。還元キャンペーンの開始は早くて10月の予定ですが、オリンピック開催や変異株の影響、ワクチン接種率などを考慮すると、今後の感染拡大も懸念されます。

 消費喚起の前に事業者の継続支援を行うことを求めました。

命を守る耐震化補助 居住地で差別やめよ(2021年6月議会報告)

 南海トラフ地震は、30年以内に起こる確率が70%から80%と予測されており、耐震対策が急がれます。

 福山市は住宅の耐震化率の目標を2025年度末に90%としていますが、昨年度末時点で目標85%に届かず82%にとどまっています。

 旧耐震基準の木造住宅の耐震化を促進することが必要ですが、改修費用の負担は重く、補助制度の充実が求められます。

 福山市は、今年度から耐震改修工事費の補助額を改定しました。ところが、「立地適正化計画」の考えを導入するとして、居住誘導区域と区域外の補助額に大きく差をつけました。

 費用が150万円の場合の補助額は、区域内が100万円、区域外は50万となります。

 建て替え工事の費用も、区域内だけ補助します。

 立地適正化は、行政が区域を定め、そこに住むことを誘導するものです。憲法が保障する居住の自由を侵害し、一極集中・周辺部切り捨てを助長する政策です。

 日本共産党市議団は「居住場所により格差をつけることは、行政の公正・公平性を欠く」と指摘し、区域外も区域内と同様に補助制度を拡充することを求めました。

 また、耐震診断は無料で実施するよう求めました。

木造住宅耐震化促進補助事業について(福山市ホームページ)

福山市立地適正化計画の公表について(福山市ホームページ)

Kyojuyuudou

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール

ひろ子ワールド

みよし剛史の徒然ブログ

たけし通信