« 中学3年まで 医療費無料化を! | メイン | 2016年3月市議会の一般質問の質疑です(土屋市議) »

中学校給食実現に 一歩前進!

Kyushokuirasuto_2

加茂・駅家の2校をモデル校に選定

新年度から、加茂中学校で親子方式(加茂小学校が提供)、駅家中学校でセンター方式(新市給食センター)で給食を試行実施することが、2月9日の文教経済委員会で公表されました。

現在、福山市の中学校完全給食の実施率は22.2%で、他自治体に比べ、大きく遅れています。

Photo

早期実現の要望はとても強く、日本共産党も市民とともに1万2924筆の署名を集め、議会でもねばり強く求めてきました。

全校で自校調理方式の給食を早く!

大きな一歩ではありますが、残りの26校でも早く実施するよう、全市の保護者から強く望まれています。

また、親子やセンター方式では温かいまま提供できない、アレルギーなど細かい対応ができにくいなどの問題があります。

市議団は、県のシミュレーションで、自校調理方式の建設費用や66億円余の経済波及効果を試算し、充分に実現可能と議会で論戦。

地産地消の食材で安心安全のおいしい給食を、早く全中学校で提供できるよう、引き続きがんばります!

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール

ひろ子ワールド

みよし剛史の徒然ブログ

たけし通信