« 教職員を増やし、異常な長時間労働の是正を―政策提言を提出 | メイン | 国保税の 引き下げを―社保協が2203筆の署名提出 »

中小・小規模事業者の再建支援―もっと使いやすい制度に

Img_6662

 7月豪雨により、福山市でも多くの商店や事業所が被害を受けました。

 11月29日、党市議団と辻つねお県議、大平よしのぶ前衆院議員は、中小業者団体の福山民商を訪問し、 グループ補助金や小規模事業者持続化補助金などの国・県の支援制度について、要望や問題点を聞きとりました。

 大量の提出書類が必要で手続きが大変だったり、商品や原材料などの被害は対象にならないなど、支援の拡充を求める声があがりました。一方で、東日本大震災や熊本地震では補助の対象外だった自動車やパソコンが今回は対象になるなど、改善もされています。

 今後の改善につなげるためにも、今、要望を行政に伝えることが大切との意見で一致。大平氏は「中小企業は地域の共有財産でもある。廃業する業者を出さないために引き続き力を尽くしたい」と決意を語りました。