« 市役所本庁舎に障がいのある人のための屋根付き駐車スペースができます | メイン | 「2019年度福山市政に対する要求書」を市長に提出 »

降下ばいじんなど大気汚染の観測結果が市ホームページに公開されました

 「車やベランダにザラザラした黒い鉄粉がつく」「風の日は家の中にも入る」など、降下ばいじんに対する市民の苦情は絶えません。

 日本共産党が行なった市民アンケートでは、「成分を調べて発生源を見つけるのが先決」や「観測データをインターネットなどで共有・広報すべき」との意見も寄せられています。

 降下ばいじん被害の軽減は、福山市の大きな課題です。

 日本共産党市議団は、降下ばいじんの測定局の増設とともに、情報公開と発生源の特定・指導を議会で重ねて求めてきました。

測定結果の公表―被害軽減の第一歩

 2017年4月から4か所の測定局が増設されました。2018年12月議会では、市内の測定結果と成分分析などの情報を広く市民に提供するよう求め、「年内には詳細なデータをホームページで公表する」との答弁を得ました。

 そして、12月18日付で降下ばいじんの測定局15地点の結果を含む2017年度の大気汚染監視結果が公表されました。

 それぞれの測定地点の月ごとの測定結果や成分の詳細なデータが掲載されています。

↓福山市環境保全課のホームページにリンク

http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/soshiki/kankyohozen/136872.html

↓市のデータをもとに、平均値と最大値を一覧表にまとめました。

単位は、t/㎢/月(1か月間に1平方キロメートルあたり何トン降下したかを示す)

Baijin2017Baijin20171_2

2017年度降下ばいじんの測定結果(PDFファイル) 

 この測定結果を地域ごとの傾向や相関関係、発生源の解明に生かし、ばいじん被害の軽減に努めることが重要です。

 日本共産党市議団は引き続き、対策強化を求めて取り組みます。2017koukabaijintukibetu ↑軸線が多く、見にくいかと思いますが、最大値の箕島と相関関係の高い地点があることが分かります。

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 土屋とものりプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール 村井あけみプロフィール

土屋とものりのよもやまブログ

ひろ子ワールド

たけし通信

村井あけみの奮戦記