« 災害に強い、住みよいまちづくりこそ―住宅密集地に福山道路は要らない | メイン | 子どもに税金かけないで―国保税の均等割免除の試算が明らかに(2019年9月議会報告) »

野犬保護強化・避妊去勢の助成を

Img_1804

 10月18日、日本共産党市議団は、犬や猫の愛護施策の充実を求め、緊急要望書を福山市に提出しました。

 市内で野犬が繁殖し、住民から苦情があがっている問題について、①市動物愛護センターの建て替えなどによる保護頭数の増・職員の増員など保護体制を強化すること、②市民に捕獲・保護に協力を求め、餌やりなどをやめるよう周知徹底することーなどを要望しました。

 保護器を設置しても、餌やりをする人がいれば、野犬は保護器に入りません。

 福山市は殺処分を減らす努力をしており、保護・譲渡に取り組んでいることを広く周知し、市民の協力を得るよう求めました。

 また、地域猫の避妊・去勢手術の助成と同様に、野犬など保護犬の助成を求めました。

Img_0925201910doubutuaigo

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 土屋とものりプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール 村井あけみプロフィール

土屋とものりのよもやまブログ

ひろ子ワールド

たけし通信

村井あけみの奮戦記