« 消費税増税・新型コロナ… 大変なときだからこそ命とくらしを守る市政を! | メイン | 国保税の大幅な値下げを(2020年3月議会一般質問) »

駅の無人化やめて!バリアフリー化を1日も早く(2020年3月議会一般質問)

 3月1日からJRの備後赤坂駅、大門駅、神辺駅、駅家駅の駅員を無人にする問題で、高木たけし市議が一般質問しました。

備後赤坂駅のバリアフリー化に積極的な答弁

 無人化撤回をJRに求めることについては、市はとても消極的な答弁でしたが、1日の利用客が平均3000人を超える備後赤坂駅のバリアフリー化については「現在、JR・国と協議している」との答弁でした。

 再質問で、早く進めるよう重ねて求めた高木市議に対し、「1日も早く設置したい」と積極的な答弁をしました。

 神辺駅については、「3000人未満でも地域の強い要望・市の支援があれば、国の補助が使える」と追及すると、「まず備後赤坂が先で、現段階では考えてない」と答えましたが、「福塩線と井原線の結節点として、非常に重要な駅」と答えました。

 引き続き署名運動などを広げ、地域の声を届ける必要があります。

 無人化撤回・バリアフリー化ともに、日本共産党市議団は引き続き住民のみなさんと一緒に取り組みます‼️

Img_0357

Kannabeeki


第一質問と答弁です。

市長答弁:次に、JR西日本各駅の無人化についてであります。

 駅の無人化については、労働力の確保が困難となっていること、また、駅での切符購入が減少していることなどから、無人化するものと伺っています。

 また、JR西日本は、今回の無人化についての利用者への説明は、身体に障がいのある方々が加入する団体に対して説明を行ったと伺っています。

 本市としては、地域の主要な公共交通を担うJR西日本に対し、利用者の利便性の維持・確保を求めているところであります。

 次に、備後赤坂駅と神辺駅のエレベーター設置についてであります。

 備後赤坂駅は、国が定める「移動等円滑化の促進に関する基本方針」に基づきエレベーターを設置する対象の駅であります。

 そのため、現在、本市とJR西日本で、エレベーターの設置に向け、協議をしているところです。

 神辺駅については、昨年度の1日平均の利用客数が、約2,800人であり、国の示す基準を満たしていないため、エレベーター設置は、現段階では考えていません。

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール

ひろ子ワールド

みよし剛史の徒然ブログ

たけし通信