« 駅の無人化やめて!バリアフリー化を1日も早く(2020年3月議会一般質問) | メイン | 学校統廃合の強行やめよ!(2020年3月予算委員会報告) »

国保税の大幅な値下げを(2020年3月議会一般質問)

子どもの均等割は1.8億円でなくせます

 国保会計は毎年黒字で、基金は18億円余あります

 福山市は、国保税を2017年度から3年連続で引き上げてきました。

 国保税の負担は、会社員などが入る「協会けんぽ」の自己負担に比べて2倍以上も重いものです。

 日本共産党市議団は、国保税の負担を軽くするため、何度も議会で追及してきました。

 特に、国保税には、家族の人数に応じて課税する「均等割」という仕組みがあるため、赤ちゃんにも税金がかかります。

 少子化対策に逆行すると、子どもの「均等割」をなくすよう求め続けてきましたが、3月議会の高木たけし市議の質問で、18歳までのすべての子どもの均等割をなくすには1.8億円でできるとの試算も明らかになりました。

 国保会計は毎年黒字で、2018年度末の基金は18億円もあり、財源は十分あります。

 日本共産党市議団は引き続き、高すぎる国保税の負担軽減に全力で取り組みます。

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 土屋とものりプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール 村井あけみプロフィール

土屋とものりのよもやまブログ

ひろ子ワールド

みよし剛史の徒然ブログ

たけし通信

村井あけみの奮戦記