« 芦田川の堤防強化を(2020年3月代表質問) | メイン | 長生きしてよかったと思える福山に(2020年3月代表質問) »

手城川流域のさらなる水害対策を(2020年3月代表質問)

 浸水被害が相次いでいた手城川流域について、地元の村井あけみ市議は長年にわたり、対策を求めてきました。

 現在、雨水管の設置や排水ポンプの新設など水害対策が進んでいますが、地域住民から寄せられたさらなる要望を市長に求めました。


第一質問と答弁をお知らせします。

③手城川流域の災害防止対策について

村井あけみ市議:現在、手城川河口のヘドロ浚渫、護岸整備が行われているところです。

 また、これまでの建設水道委員会の質疑の中で、南蔵王町の内水排水にかかわる、雨水管の設置、明神町への排水ポンプの新設に関しては、排水地点の手城川の河川拡幅で、川下の引野町や東手城町に新たな水害が起こらないよう配慮しているとのことでした。

 関係住民からは、歓迎の声とともに、さらなる要望も寄せられているところです。

 現在、谷池川の合流地点まで行われている矢板の打ち込みによる護岸強化とヘドロの浚渫については、さらに上流に向け、実施すること。

 泥揚場などを活用して、河川の拡幅を行うこと。

 国道2号線地下の排水管・水路の堆積土の除去を行うこと。

 以上の要望について、それぞれ、お答えください。

市長答弁:次に、手城川流域の災害防止対策についてであります。

 手城川につきましては、「福山市域における浸水対策協議会」です。取りまとめた行程表に基づき、県において取り組んでいるところであります。

 手城川排水機場から谷地川の合流部分までの護岸整備と河道掘削については、2023年度(令和5年度)の完成を目指し、河道を約2メートル掘り下げることにより、河川断面を確保し、流下能力を高めることとしています。完成後も、手城川の河川整備計画に基づき、上流に向け、河道掘削などの整備を実施する予定と県から伺っております。

 手城川の堆積土の除去につきましては、国道2号の地下の部分も含み、これまでも堆積状況などを確認する中で、必要に応じて実施されていると伺っています。

 引き続き、出水期前には、浸水対策の実施状況の確認を行うなど、行程表に基づく着実な進捗を図ってまいります。

Teshiro

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 土屋とものりプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール 村井あけみプロフィール

土屋とものりのよもやまブログ

ひろ子ワールド

みよし剛史の徒然ブログ

たけし通信

村井あけみの奮戦記