« 国保税の大幅な値下げを(2020年3月議会一般質問) | メイン | 日本共産党、新型コロナの対策に全力! いのちとくらし 地域経済を守れ »

学校統廃合の強行やめよ!(2020年3月予算委員会報告)

 市は、小規模な学校の統廃合を強引に進めています。

 なかでも、旧内海町の3つの学校を全廃する計画をスケジュールありきで進め、わずか2回で地域説明会を打ち切ろうとしています。

市教育委員会の不誠実な発言、ひどすぎる!

 日本共産党市議団は3月議会の予算委員会で、学校の存続を求める保護者らが提出した1647筆の署名についての認識を教育委員会に質問しました。

 すると、教育委員会は「書かざるをえずに書いた人もいる」「反対の声は大きく出せる。外部の方も集めて、途中から住まれている人も含めて」と発言。また、教育長は「『小さいから良いとか子どもも言ってる』とか言うが、子どもにどれだけの思いがあるとかいうのは置いといて、応えているからこそ今のままの教育を教育行政としてこれ以上続けるわけにはいかない」などと、住民合意も子どもの権利も無視した、きわめて不誠実な発言をしました。

 「途中から住まれている」という内海町に移住してきた人を区別するような言い方も、行政が発言すべきものではありません。

 保護者の要望署名は、市が沼隈町につくろうとしてる小・中一貫教育校を否定するのではなく、内海町にも学校を残してほしい、選択できるようにしてほしいというものです。

 教育委員会の強引なやり方は、住民の分断を招きかねません。

 また、教育委員市が保護者にとったアンケートでは、選択肢が「開校に向け具体な話し合いを始められるように早く決断してほしい」「子どもたちの将来を考えると再編はやむを得ない」「再編するのであれば不安や心配を解消してほしい」「内海町に学校を残してほしい」「教育委員会に任せる」の5つからなるもので、再編ありきの恣意的な質問となっています。

 そのなかでも「残してほしい」と回答した世帯は38世帯中18世帯と約半数に上ります(対象世帯は94世帯で回答したのは38世帯)。

 住民合意ができたとは言えませんし、そもそも小規模な学校ではなぜいけないのか、市教育委員会は教育学的な根拠を答えたこともありません。

 日本共産党は強く抗議し、統廃合の関連予算を含む新年度予算に反対しましたが、他の議員は全員が賛成しました。

 日本共産党は、住民合意のない学校統廃合をストップさせるため、引き続き全力を尽くします。

Gakkoutouhaigou

学校を守るとの思いをこめて、ポスターつくりました。

家や敷地に貼らせてくださる方がおられたら、ぜひご連絡ください。

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール

ひろ子ワールド

みよし剛史の徒然ブログ

たけし通信