« 国保税のコロナ減免、過年度分も申請できる! | メイン | 福山民報2022.7.27日号 »

国民平和大行進、福山に

Dsc013491

7月26日、今年で65回目の「原水爆禁止・国民平和大行進」が福山市に到着しました。

東京から広島の平和記念公園まで、各地をリレーします。

大門町の公園で市民約40人が出迎え、岡山県の行進団から横断幕を引き継ぎました。

広島県の行進団には、日本共産党の大平よしのぶ元衆院議員、辻つねお県議、河村ひろ子、みよし剛史の両市議も参加し、福山市役所までの約10㎞を歩きました。

市役所への到着式では、県内の通し行進者の村上厚子さんが「私は被爆二世です。今、『日本も核兵器の共有を』などという声が自民党や維新の会などから出ているが、絶対に許されない。被爆国の日本は核兵器禁止条約に参加し、核廃絶の先頭に立つことこそ必要と訴え、行進を続けたい」と決意を述べました。

Dsc01376

27日は福山市役所を出発し、尾道市役所まで1日かけて歩きます。日本共産党の高木たけし市議が参加しました。

国民平和大行進には、福山市長と市議会議長から激励のメッセージが寄せられ、それぞれ到着式と出発式でみよし剛史市議と高木たけし市議が代読しました。

Fytse2zvqaaeavp

市長のメッセージには、「核と人類は共存できない」ということがしっかりと書かれていました。

いま、自民党の一部や維新の会などから「日本も核兵器の共有を」などという声があがっています。

「過ち」を繰り返さないという誓いを踏みにじる動きには、政治的な立場の違いを超えて対抗する必要があります。

「核兵器がいかに非人道的で危険な兵器か」「戦争は、最大の人権侵害である」ことを忘れてはなりません。

「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」

原爆死没者慰霊碑の碑文について(広島市ホームページ)

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール

仁比そうへい 活動日誌