« 幼稚園の休園やめよ・幼稚園の耐震化43%(2022.8.26民生福祉委員会) | メイン | 福山道路の建設工事で発生した土を盛土に!?(2022.8.26文教経済委員会) »

「ふるさと納税」で2億円の税収減に(2022.8.26総務委員会)

福山市に対するふるさと納税(ばらのまち福山応援寄附金)の額は、2021年度が1億5599万円余でした。

ふるさと納税とは、自分が住む自治体以外の自治体に寄付し、寄付額を所得税や住民税から控除できる制度です(2千円除く。年収・家族構成による上限あり)。

福山市民が他の自治体にふるさと納税をするほど、福山市に入る住民税は減ることになります。

2021年度の税収減は2億円に上り、寄付金による収入を大きく上回りました。

また、寄付の返礼として高額商品を提供する自治体も増えており、福山市では返礼品の調達などに寄付金の約4割をかけています。

制度の誤りは財政を崩す

高木たけし市議は「本来、地域の行政サービスの費用は、地域の住民や企業が負担する地方税でまかなうもの。ふるさと納税は、自治体間で寄付を奪い合い、行政サービスの財源が大幅に減る自治体も出るなど弊害がある」と指摘しました。

企業版ふるさと納税についても「法人関係税の軽減は最大で寄付額の9割にもなる。自治体間で税源が移動し、財政に住民自治が及ばなくなる」と追及。「ふるさと納税は、地方税制の基本をゆがめかねないものであり、国に廃止を求めよ」と要望しました。

Furusatonouzei(↑出典:総務委員会資料)Furusatonouzei1(↑委員会答弁より作成)

議員団の紹介
河村ひろ子プロフィール 高木たけしプロフィール みよし剛史プロフィール

仁比そうへい 活動日誌