« 福塩線の踏切死亡事故について緊急要望―早急に安全対策を! | メイン | 遮断機も警報器もない踏切の対策を―第4種踏切を調査 »

市民病院・水道事業会計について(2017年度福山市決算委員会)

 9月26日から28日まで、2017年度企業会計決算特別委員会が開かれました。

 日本共産党市議団からは、高木たけし、河村ひろ子両市議が出席しました。

市民病院事業会計

 開設40周年を迎えた福山市民病院は、がん医療などの高度医療や地域の不採算医療を担い、市民の命と健康を守る重要な使命を持ちます。2017年度は、1009万円の純利益でした。

 看護師の夜勤は、1か月に平均8.5回、最高14回。医師の残業は、年間870時間を超える人が7人、最長は1013時間です。

 依然として過密労働ですが、それぞれ前年度よりは若干の改善がみられます。

 日本共産党は、▼入院給食費の引き下げ▼労働状況の改善▼市民病院利用者のバス利用状況調査や増便▼平均在院日数にこだわらず患者の治療を最優先すること―などを要望し、決算認定に賛成しました。

水道事業会計

 福山市は2017年度、水道施設の運転管理などの7業務を外部委託し、水道局職員を1名減員しました。

 また、広島県による水道事業の広域連携協議会への参加を表明しました。

 これは、民間委託の拡充など、さらなる民間活用の推進するものです。

 水道は、市民生活や経済活動に欠かせないライフラインであり、公的責任を堅持し、直営を貫くべきです。

 また、豪雨災害被災者の水道料金の減免を、床下浸水も対象にするよう求め、決算認定に反対しました。