« 子どもに税金かけないで―国保税の均等割免除の試算が明らかに(2019年9月議会報告) | メイン | ネオニコ農薬の規制を―給食は安全な食材で(2019年9月議会報告) »

市営住宅の改善を―安心の住まいの提供を(2019年9月議会報告)

 市営住宅は、高齢者や収入の少ない人など住宅を借りにくい人へのセーフティネットとして、適切に提供されなければなりません。

保証人がなくても入居できるように

 入居時に連帯保証人が1人は必ず必要なため、保証人が見つからずに入居をあきらめた人もいます。 保証人がいなくても入居できるよう改善を求め、「現在、検討している」との市長の答弁がありました。

 これまで何度も議会で求めてきました。実現に向け、引き続き取り組みます。

新たな市営住宅の建設と修繕予算の抜本増額を

 市営住宅の待機者は、延べ955人もいます(2017年度)。新たな住宅の建設を求めました。

 また、市内の市営住宅では、建物などが経年劣化し、修繕が必要な場所が多くあります。

 入居できる住宅を増やすためにも、抜本的に修繕予算を増やすよう求めました。

Siei1

Siei2

バリアフリー化とエレベーターの設置を

 高齢者や障がい者、子育て世帯が入居する市営住宅に、国の補助制度を活用してバリアフリー化とエレベーターの設置をするよう求めました。

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 土屋とものりプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール 村井あけみプロフィール

土屋とものりのよもやまブログ

ひろ子ワールド

たけし通信

村井あけみの奮戦記