« 伝統文化の裾野を広げ―第56回囲碁・将棋大会福山地区開催 | メイン | リムふくやま、2020年8月に営業終了へ »

被災者支援を福山からも―台風災害救援募金を街頭で

 台風19号は、15日夕方までに関東・東北など11県で71人が死亡する甚大な被害をもたらしました。

 52河川・73か所が決壊し、200以上の河川で浸水被害が発生。土砂崩れや広範囲の停電・断水も発生し、多くの被災者が避難所生活を余儀なくされています。

 日本共産党は、国会議員や地方議員らが連日、被災地に入り、被害実態を調査し、被災者の要望を聞いています。

 また、全国に被災者支援の救援募金への協力を呼びかけました。

台風19号災害の救援募金を受け付けています (日本共産党中央委員会)

街頭募金活動を行う

2019bokin

 日本共産党福山市議団と市委員会は15日、緊急の街頭募金活動を福山駅前で行い、9人が参加しました。

 多くの通行人が募金に応じてくれ、30分で7051円が寄せられました。

 募金は全額、被災した自治体への義援金や被災者救援活動にあてられます。

 2018年の豪雨災害では、同様に日本共産党が全国で集めた募金から300万円(7月30日100万円、10月4日200万円)が福山市に寄付されました。

 日本共産党は、被災者支援とともに、災害から命と財産を守る政治の実現に全力を尽くします。

Img_6256

↑日本共産党中央委員会からの義援金の目録を中島智治副市長に手渡す辻つねお県議

福山市ホームページで、2018年豪雨災害の寄付者の一覧が公表されています↓

http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/bosai/139292.html

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 土屋とものりプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール 村井あけみプロフィール

土屋とものりのよもやまブログ

ひろ子ワールド

たけし通信

村井あけみの奮戦記