« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

シャープ門前ビラをご紹介

Iti

syrpomote.pdfをダウンロード


シャープ福山工場に要請行動

10月10日、日本共産党の仁比そうへい参院比例候補・皆川けいし県副委員長・土屋とものり市議らが、シャープ福山工場を訪ね懇談をしました。

シャープは「一万人リストラ計画」を予定しています。

工場で仁比氏は、「1万人台リストラ計画は、長年会社のために働いてきた多くの労働者の生活を奪うだけでなく、地域の経済にも、日本のものづくり産業の発展にも悪影響を与える」と述べ、計画の撤回と地元自治体との協議を要求しました。

対応した、電子デバイス事業本部総務部の小西治夫部長は、「地域経済への影響はさしてないと考える」「行政には説明をしている」などと答えました。

仁比氏候補はNECの例をあげ、「くりかえしの面談での退職強要については、国会でもとりあげられ、国は『調査して必要な指導をする』としている」と違法な面談をしないように求めました。

シャープ側は「それはよく知っています」と述べました。

その後、福山市にも要請行動を行い、上記のメンバーと神原たくし衆院広島7区予定候補、村井あけみ市議、河村ひろ子市議も同行しました。

市役所で対応をした経済部の小畑和正部長は「シャープ進出で税収増など地域貢献は大きかった」「地域経済への影響は大きく、今後、県やハローワークとも連携して実態をは把握し、慎重に対応をしていきたい」と答えました。

日本共産党は引き続き、労働者の雇用を守る事を求め、全力で頑張ります。

Cimg7416