« 新型コロナ―人権侵害の罰則撤回を(2021年3月議会代表質問) | メイン | 河村ひろ子市議の代表質問と答弁です(2021年3月市議会) »

市民のための福山駅北口広場に(2021年3月議会一般質問)

JRとの協定を廃止

 枝廣直幹市長は3月議会で、福山駅北口広場整備について、JR西日本との協定を廃止すると報告しました。

 協定は、市が所有する北口広場をJR所有の駅南側の土地と交換し、JRがホテルなどを建設するというものです。

 市民からは「お城の景観や広場の防災上の役割が阻害される」と撤回を求める1万4千筆の署名が市長に提出され、住民監査請求や行政訴訟も起こされました。

Img_0001

↑お城の手前、今は車が停まっている広い空間全体に6階建てのホテルや商業施設が建設される計画でした。

企業まかせを反省せよ

 反対の声が広がる中でも、市は、2020年度中の土地交換に向けて強引に計画を進めようとしましたが、コロナ禍で状況が一変。JRから経営悪化を理由に協定の取り消しを求められたのです。

 みよし剛史市議は「事実上、整備方針は頓挫した。JR主導で進めてきた市の責任が問われる」と批判し、「JRとの土地交換が前提の整備は将来にわたり行うべきではない」と強く求めました。

 市長は「整備方針が頓挫したわけではない」と強弁し、「JRとは、これからも連携していく」と答えました。

 しかし、もともと市単独で整備方針案を進めていたのに、JRの提案に飛びついた結果、JRの都合で方針が頓挫したのは事実です。

市民の声を生かしたまちづくりを

 企業まかせではなく、市民の声を生かしたまちづくりを行うべきです。

 日本共産党は引き続き、市民のみなさんと力をあわせて取り組みます。

Img_3151

↑署名を呼びかける「福山駅北口広場を守る会」のみなさん

Img_3154

↑アイロン台を署名机に^^

【これまでの経緯】

お城の石垣公園が守られた(2020年12月都市整備特別委員会報告)

福山駅北口広場を守れ―1万4656筆の署名提出(2020年7月)

福山駅北口広場整備―住民軽視・企業優遇やめよ(2020年6月議会報告)

景観と生活環境を守れ―「北口広場を守る会」連絡会議が開催(2020年6月)

請願提出―市民の財産・憩いの場を 奪わないで(2020年5月)

福山駅北口広場再整備、市民の声にこたえよ(2020年3月代表質問)

JRが土地を所有して商業施設を建設!?(2019年2月都市整備特別委員会報告)

駅北口周辺整備は改めて市民的議論を(2018年12月議会報告)

議員団の紹介
高木たけしプロフィール 河村ひろ子プロフィール みよし剛史プロフィール

ひろ子ワールド

みよし剛史の徒然ブログ

たけし通信