« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

危険な道路の相談窓口 改善!(2017年3月議会報告)

 白線が消え、路面に亀裂が入るなど、危険な道路が市内のいたるところにあります。

 通学路などの危険カ所に早く対応するため、住民が携帯電話などを使って市に情報を伝えるシステムが取り入れられます。

 また、国道・県道など管理者が違っても、市が窓口となって住民の改善要望に対応し、国・県とも連携します。

Simg_9568

↓ 市議団も、地域の要望を届けて、安全なまちづくりに取り組んでいます。

Simg_0455

地域猫活動―避妊手術が無料に(2017年3月議会)

 野良猫に不妊・去勢手術を施して繁殖を抑え、一代限りの命をまっとうするまで適切に管理する「地域猫活動」が全国で広がっています。

 しかし、多くの活動が地域住民やボランティアに支えられており、経済的な支援はありませんでした。

 支援制度を求め、「地域猫」の不妊手術が動物愛護センター(駅家町)で無料で受けられる制度ができました。

 「殺処分ゼロ」を目指し、引き続き制度の拡充に頑張ります。

Simg_3791

核兵器のない世界の実現を(活動報告)

後世の人々が生き地獄を体験しないように、
生きている間に、
何としても核兵器のない世界を実現したい

 核兵器廃絶を求めて広島・長崎の被爆者が始めた国際署名は、1年で170万筆を超えました。

 署名の力は、歴史上初めてとなる「核兵器禁止条約」の国連会議を実現。制定されれば、核兵器は違法となり、核保有国は政治的にも道義的にも拘束を受けます。

 会議が始まる3月27日、福山市原水協は街頭署名活動を行い、日本共産党市議団を含む8人が参加しました。反核平和を求める草の根の運動が、核兵器廃絶への確かな一歩となります。

201742kakuhaizetushomei

議員団ニュース(2017年3月26日付)をご覧ください。

2017年3月議会報告です。

保育料の引き下げを(福山市の保育料がなぜ高いか、仕組みを掲載しました)

小・中学校にエアコンの設置を

鞆の歴史的町並みに一歩前進

核兵器廃絶署名の取り組みを

戦争する国にさせない(活動報告)

について掲載しています。ぜひ、ご覧ください。

PDFファイルをダウンロード  ←クリック!

Gikaihoukoku2017326

保育料の引き下げを(2017年3月議会報告)

 「パート代が消える」と嘆きの声があがるほど保育料の負担は重く、引き下げは多くの保護者の切実な願いです。

福山の保育料は高すぎる!

 保育料は、保護者の所得に応じて国が8階層に区分し、基準額を設定しています。

 各市町村は、国の基準を上限に「徴収割合」を定め、差額分を負担して保護者が支払う保育料を引き下げています。市町村民税額を基に区分する「所得階層」も、独自に細分化することができます。

徴収割合について

 福山の徴収割合は、85・1%です。43中核市で1位(最も低い豊田市は50・7%)、広島県内でも最も高い水準です。

Skmbt_c35317032313020_0001

所得階層について

 福山の所得階層は19階層に細分化され、比較的所得の低い世帯の負担を軽減していることは評価できます。

 ところが、最も多い2311人(17%)の児童が該当するc15階層は、国基準の区分のままです。

 年収でおよそ700万円から970万円までと幅が大きく、同じ保育料では負担が重すぎます。

 もっと収入に応じた負担となるよう、階層の細分化を強く求めました。

Hoikuryou201631

安心して子どもを生み 育てられる福山市に

 また、第2子以降の保育料の無料化など、他市の先進例も示しながら、市独自の支援を要望しました。

 保育予算の充実に引き続き、力を尽くします。

議員団ニュース(2017年3月19日付)ができました。

住民税の特別徴収通知書に従業員のマイナンバーが記入される問題について、性的マイノリティ、教育現場のゼロ・トレランス(非寛容)問題、福山市議会での不適切な発言について、ご報告しています。

PDFファイルをダウンロード  ←クリック

Gikaihoukoku2017319

議員団ニュース(2017年3月19日付)ができました。

住民税の特別徴収通知書に従業員のマイナンバーが記入される問題について、性的マイノリティ、教育現場のゼロ・トレランス(非寛容)問題、福山市議会での不適切な発言について、ご報告しています。

PDFファイルをダウンロード  ←クリック

Gikaihoukoku2017319